2005年09月03日

楽しみながら作るアフィリエイトサイト


楽しみながら作るアフィリエイトサイト



8月28日の記事「アフィリエイトにおけるWebサイトとブログ」で紹介した、「Dive Diver 水といっぱいたわむれよう!」のサイト管理人さんは、ダイビングについてのサイトを運営すること自体が楽しいとして、アフィリエイトを先行させているものではない。

サイト作りが楽しいということは極めて重要なポイントで、次に紹介する、



というサイトもその一つだ。管理人さんは「なんといってもTDRが好き」ということから、それではサイト作りにあたっては、TDRをテーマにしてはどうかと薦めたものだが、今は、「格安で行く!東京ディズニーリゾートブログ版」というブログも持ち、うまく本サイトと連動させている。

ここには、サイトからアフィリエイトで稼ごうというよりTDRについての各種情報を出そうという管理人の意識が垣間見える。

TDRファンだからこそ出せると思われる情報が提供されており、初めてTDRに行こうと思う人や、TDRの情報を事前にキャッチしたいと思う人には参考になるサイトといえるだろう。

つまり、この管理人は自らTDRに行くことを楽しみにすると同時に、サイトからその情報発信をすることを楽しんでいる。

結果としてであるが、ここからはアフィリエイトで月に5万円を稼ぐ方法を教えます!その1の中でシミュレーションした、とりあえず宿泊予約で1万5000円/月をはるかに超える宿泊予約成果が発生している。

もう一つ別のケースを出してみよう。



やはり旅行系情報サイトであるが、ここは検索機能を主体にしている。

ここの管理人さんは、データベース処理についてのスキルをお持ちであり、私のところで提供している、宿泊予約サイト用の複数ECサイト個別宿泊リンク作成ツールによるExcelデータをデータベース化し、それを利用してサイト上から検索機能を使うことによって訪問者にとって簡単に宿泊施設情報を得ることが出来るようにした。

これも結果として、極めて多くのページビューを得ることとなったが、このケースもどちらかというとアフィリエイトというより、そのデータベース活用システムを作ることそのものを管理人自身が楽しむという部分がある。

私は、自分のユーザーや、セミナー受講者に対して必ず、好きなもの、関心のあるものをテーマとしたサイトを作るよう薦めているが、それは管理人自身の好きなことや関心の高いものであれば、独自のコメントを書くことが簡単に出来、そしてその情報を出すこと自体を楽しみながら出来るからという理由である。

そうしてサイト運営そのもの、ページ作り、表現方法、提示方法などを自然に勉強できる。

その部分があって、はじめてアフィリエイトで商材を紹介するページを作成出来るのである。

いきなり商品リンクを多用して、ショッピングサイトのようなものを運営するのは大変に難しい。大概は売る!ということを先行させようとして、単なる商品の羅列に終わったりして結局無駄な時間を費やしてしまう。

商品リンクを使ってコンテンツ化をするというのは、実は難しいことであって、そこにはある程度のサイト経験がなければ出来ないというのが私の見解である。

また、多くのサイトは、その商品を売ろうとして商品リンクの表示に力を入れるが、実は特別なことがない限りアフィリエイトにとって、その商品を売る必要はない。


商品リンクは、単にECサイトに誘導するための道具に過ぎない。


その商品について、特別な入れ込みでもない限り、アフィリエイトサイトは訪問者をいかにスムーズにECサイトに誘導するかがポイントであって、ECサイトにジャンプした訪問者がECサイトから何を購入されようが関係はない。

要するに何かを購入されるか、注文をしてもらえればよいわけで、そこで初めてコミッションが発生する。

スムーズにECサイトに行ってもらおうと思えば、ページ上から訪問者が求めている情報を出して、さらにはその情報を見てもらう必要がある。

そのためにページ上から自分自身の情報を出すわけである。商品情報を使ってそれを作るなら、簡潔にその商品についての情報を出してあげる必要がある。

つまりページ作りの上手下手が大きく影響することになる。そのためにはぺージ作りに慣れる必要があり、キャリアも必要になるだろう。

バナー広告をベタベタ貼り付けただけのページが誰にも見向きもされないように、単に商品リンクを並べたページも同じことで、それは商品を紹介していることにはならない。

すでに検索エンジンは、きちんとカテゴリーに分類され、かつそこに細かい情報を出すページをキャッチする方向に動いていると見られ、1ページに雑多なコンテンツを用意しているページはどんどん排除されつつある。

いまだに検索スパムなどで、とりあえずページに来させようなどという姑息なページがあるが、そんなページを作ることがいかに無駄か、また仮に何かの間違いでページに来てもらえたとして、中身もないようなページから成果が発生することなどないということを知るべきだろう。

しかし、それは逆に言うと、きちんとしたページ作りをすれば、誰でもがアフィリエイトから収入を得ることが出来るということにほかならない。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。