2006年03月30日

インターネット徒然


インターネット徒然


このブログを始めて半年余り、3月も終わりというわけではないが、ここらで一旦総括でもしてみようと思う。

当初、こんなにアフィリエイトについての記事を書く予定ではなかったが、いつしか本来の目的を外れてしまいアフィリエイト情報を出すようなブログになってしまったが、それでも最近は1日に1,000程度のページビューをいただけるようになったことはありがたいことと思う。

トラックバックやコメントについても制限をかけているにも関わらず、参考になったというようなご意見をいただいたりして、これもまたありがたいことと感謝している。

アフィリエイトについては、ネット上でよく見かけるような楽をして儲かるとか、簡単に稼げるなどということを一切排除して現実の姿を伝えてきたつもりだ。

事実その通りなのだから仕方がない。

筆者がアフィリエイトに取り組んだきっかけなどについては、2年半ほど前に作った拙ページ、1枚のページで売る方法を参照されると良いと思うが、このページはほとんどまったく当時から更新をしておらず、Webページというには恥ずかしいものだが、私筆者のアフィリエイトについての基本の形が書かれている。

最近、いずれ発売されるアフィリエイト関係の某書籍に紹介したいとの問い合わせがあったので、近いうちに少し手を入れるかも知れない。

また、このページがきっかけで、筆者がアフィリエイト関係の商材を販売することにもなったという意味では、今となっては懐かしいものである。

また、ここに書かれている宿泊予約系ページがきっかけになり、現在の宿泊予約・旅行情報系サイトに力を入れることになったということも懐かしい。

DELLのパソコンを紹介するページは、今も変わらず1枚もので続いており、今月も10台以上が売れている。

筆者がアフィリエイト系商材を販売しようと思い立ったのは、2003年夏前あたりからさかんにネット上でノウハウ集やアフィリエイト関係の情報商材が売りだされていることを知ったからだ。

しかし、その価格は一般常識から見れば非常に高いものであり、いかに特殊なものとはいえおかしいだろう?ということがきっかけだった。

そして筆者自身はそういった情報商材を一切買ったことがない。ページを見ていてもそれだけの価格を出してまで買うほどのものではないだろうという印象だった。

そんな物が売れるなら、もっと安価で情報を提供出来るのではないか?ということと、アフィリエイトサイトを運営しているより、そのほうが収入になるかも知れないという部分もあった。

結果としては、3,000円、5,000円といった価格帯の商材ではあったが、アフィリエイト収入をはるかに超える収入源となった。

また、同時にそこには恐ろしいまでに安易な考えのユーザーが多く居ることを実感させられた。

さらに、そこにはサポートというものがいかに大切かを考えさせられるものがあり、少数とはいうものの、筆者の方針を理解されて、実際に昨年のアフィリエイト調査レポートにある、1.7%という月額3万円以上のコミッションを手にするサイトに育たれたユーザーさんと親しくさせていただくことが出来るようになったのは、金銭的な面よりはるかに大きな成果だった。

http://www.biwa.ne.jp/~m-mizuta/hpkaizou1.htmや、http://60.kt.fc2.com/index.htmlのようにユーザーさんが、そのサポートの実態を書いてくださったケースもあり、また、最近では、http://e-retoro.com/aff_suki/index.htmlのページなどでも正味のところを取り上げてくださっているページなどもある。

いずれもまったくの初心者、あるいは言葉は悪いがダメサイトだったものが、立派に成果を得るようになられ、http://e-retoro.com/aff_suki/index.htmlのユーザーさんのように、筆者のやり方を踏襲し、さらに自身の工夫を加えて、近いうちに筆者のアフィリエイト収入は追い越すものという状況になられた。

こういったユーザーさん以外でも、すでにアフィリエイト的には筆者をはるかに超える収入を手にしておられるユーザーさんも多い。

いずれもが筆者の情報が参考になったという評価をいただき、そして同時に情報提供側とユーザーというだけでなくさまざまな協力体制を取ることが出来るようになったというのも筆者にとっては大きな成果と思っている。

時々、「なぜそこまでの情報提供をするのか?」とか「無料サポートでなぜそこまでするのか?」(笑)などというメールをいただくことがあるが、そこには筆者自身がアフィリエイト関係の商材と同時に各種の情報を出すにあたって、自分自身がサンプルを示すためにアフィリエイトページを作る必要に迫られ、結果としてアフィリエイト収入が増加したという面がある。

これは、まさにユーザーあってこそのものといえる。したがってそこから得た情報をユーザーに出すのは当然という考えがあったからだ。

アフィリエイトについては、ここでもずっと書き続けたように、またユーザー通信(メルマガやユーザー専用ブログ)でも出しているように、まともにやっていけば必ず安定した収入を得ることが出来るものに間違いない。

が、そこには淘汰も必ず待っている。「極悪アフィリエイトを斬る! 」のようにアホ、バカサイトとは言わないが、そのようなサイトはいずれ立ち行かなくなる。しかし、そんなサイトもサイトユーザーの責任だけとは責められないだろう。

誰しも簡単に儲かる、楽に儲かるなどという情報をインプットされると、そうか・・・そんなに簡単に出来るのならやってみようと思うのは人情だ。むしろ、そんな情報を出して、わけのわからない情報商材を売りつけたりするような情報サイトのほうに問題があるだろう。

どんな世の中にも、そんな、どっちもどっちやというようなことはある。双方が安易なだけで、いずれもがやがて消滅する。

筆者のところでは、たとえ少数であっても筆者の情報を通じてまっとうなサイトが増え、そしてやがてはコラボレート出来るようになれば最高と考えている。

しかし、昨年からのブログの急増とともに増加している安易アフィリエイトサイトには正直なところ疲れる部分もある。

さんざん、いろいろなことを書いてきたが、筆者自身のアフィリエイトサイトもずいぶん放置状態になってきており、整理も必要になったことから、このブログは今後更新が極端に少なくなるかも知れない。

拙内容であっても、訪問いただいて何かの参考にしてくださった方には申し訳ないが、その点だけ予めご容赦いただきたい。





posted by uncle at 01:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感

2006年03月29日

基本をおさえたページ作り


基本をおさえたページ作り


結局、今月の記事のほとんどは、新たに販売を開始した、「簡単! サイトオープンキット」と「バーチャル旅行代理店開業ツールライト」についてになってしまった。

こういった廉価版で、しかも使いやすいツールを提供することになった背景には、初心者の人やアフィリエイトを始めたものの、思うように出来ないという人に向けて、正味で参考になるものを出して役立ててもらえたらというところである。

わけのわからないマニュアルやノウハウ、ツールなどで高価なものよりずっと便利だろうという発想がある。

また、テンプレートからページの作り方、展開方法を学んで、いくらでも独自に展開出来るようになっているので極めて便利と思う。

過去に筆者の提供してきた「売れる!アフィリエイトサイト構築マニュアル」「決定版!60日で出来るWebサイト作成講座」などのように概念説明は入っていないが、それらはユーザー専用通信(メルマガ)からでも情報収集が出来るので大きな問題にはならないだろう。

ユーザー様サイトで紹介をしていただいているように、筆者のところでは結局アフターサポートでどこまでフォロー出来るかがポイントになっている。

しかし、わざわざ「いかがですか?」などという問いかけはしない。そこまでのサービスをする必要はないだろう。

あくまでも自主的に質問をしてこられる方に対して、きちんとフォローするだけの話である。

しかし、この2年半ほどの間に、それなりのユーザーさんと出会えることとなったのは、やはりネットでの展開があってこそというものだろう。

一方で、総数で1,000を超えるユーザーを擁しながら、歩留まり率の悪さに愕然とすることもあるが、それは仕方のないことだろう。

実際のところ、かつてより増して安易にアフィリエイトに取り組もうとする人が増えた分、残れる人が少ないのはやむを得ない。

筆者のところで、ユーザー専用に展開している、有料サポートユーザーや、リンクプロジェクトに参加しておられるサイトから今後もよりパワーを持ったサイトが出てくるのは間違いない。

そのきっかけとなるものに、取り組みやすい安価なバージョンのものが必要だろうという発想もあったことは事実である。

が、安価なバージョンであるからといって決して手抜はしていない。

表面的なSEOや、自動作成ツールなどを使ってページ数だけ増やすようなアホらしいことなどは勧めない。それらの情報を出していたところが、今頃になってWebサイトは内容が大切などという情報を出しているのは、なにを今更という感がある。

訪問者にとって、わかりやすい、見やすい、そして必要とする情報をきちんと出せばWebサイトとして成り立つ。そして、そこにアフィリエイト広告が入っているだけのことだ。

はなからアフィリエイトとして広告を優先させようと考えるから不自然になるのであって、広告を優先させてページ展開をするにはキャリアもアイデアも必要になる。

そんなことが、いきなり出来るはずがない。

しかし、学びながら継続してサイト運営を続ければ誰でも出来ることである。大きな収入を得ようと思えば、サイト運営にかける時間を多く取るだけのことである。

筆者のところでは、今後もそんな当たり前の基本的なことを基本に出していくだけのことだ。

基本も基礎もないのに、いきなり儲かるサイトなど出来るはずがない。





2006年03月23日

簡単 サイトオープンキットについて


簡単 サイトオープンキットについて


先に紹介した、アフィリエイト初心者に向けての「ビギナー用 サイトオープンキット」について、いくつかお問い合わせをいただいたりしているが、これは、サンプルページにある文言その他が入っているもので、サイト審査のない電脳卸、ビッダーズに登録しアフィリエイトコードを取得すれば、そのコードに差し替えるだけでページ(サイト)が出来るようになっている。

さらにその後、リンクシェアに登録をして、DHCとの提携が出来れば、DHCのページも同様にコードを差し替えるとサンプルページと同じものが出来る。また、同様にバリューコマースに登録すると、一休.comと宿ぷらざ(日本旅行)との提携(自動承認)によって、宿泊予約系のページも出来上がるようになっている。

まあ、簡単に言ってしまうと、初めてページを作る人に向けて、出来上がってるページを提供しようというものである。

これが単に初心者向きだけのものかというとそうではなく、キャリアのある人でも利用するとたちまちミニサイトが出来るという利点があり、また、ページパターンを活用することによっていくらでも新たなサイトやページが出来る。

HTMLやcssの知識が少しあればレイアウトの変更、cssファイルの書き換えによってまさに自由なページ作りが出来るようになっている。

本来、ユーザーさんに向けて、サイト審査のあるASPに対応するため作成したものであり、ある意味では実戦的になっているといえる。

したがって極めて便利なツールといえると思う。

キットを利用して作成された例としては、



などがあるが、レイアウトを変更すると、



のようなページも簡単に出来上がる。つまり、コンテンツさえ考えればページそのものは簡単に出来上がるように作ってある。

さらには、最近のブログブームなどで、ブログに使えるのか?というご質問をいただくこともあるが、これは、本文部分を使うことによって可能になっている。

筆者が実際に自分のブログに使ったのは、



であるが、キットにある5ページ分のファイルはすべて簡単にアップ出来る。これもまた、他の商材に使うこともいとも簡単に出来る。

紹介文なども、ECサイトを確認して自分なりにちょっと書けば良いだけなので実に便利なものと思う。

作成した本人が書いてもあまり意味はないが、すでにネット上でユーザー様のページがそこそこ検索に出てきているので、今後が楽しみというところである。




2006年03月21日

パクリの無意味さ


パクリの無意味さ


前の記事で、筆者の京都情報のページURLを記載したところ、さっそくそのページを持ち帰って、いろいろ勉強をしているのか、単にアフィリエイトコードだけを差し替えようとしているのかわからないが、せっせと何かをやっている人が居る。

Webページにも、もちろん著作権があることは誰でも知っているだろうが、ソースを見れば誰でも簡単にコピーが出来ることから、パクリが横行していることも事実である。

筆者の商材のように、ページ内の文言を入れたものまでをテンプレートとして販売している場合、購入された方が使うにはもちろん侵害にはあたらない。

しかし、勝手に持っていって自分のサイトに使うのは明らかに違法にあたる。

ネットにおけるパクリの横行は日常的なものと言えるが、他人のページを持っていったからといって、それは何の役にも立たない。

所詮は他人が作ったものであり、自分のオリジナルではないからだ。ただし、ソースを見て勉強をして学ぶべき所を学び、自分なりにページに活かそうというのであれば、それは意味を持つことになるだろう。

この場合、決して同じページは出てこない。

パクリをやる奴は、そんなことははなから考えていないので、「良いページだからパクろう」だけである。

そこには、そのページがどういう意図を持って作成され、どこにポイントがあるなどということを考えるなどという気がないものだから、作ってはそのまま放置になる。

パクリによって、一時的には成果が出るかも知れないが、そんなことで継続して成果を得ることなど出来ない。

まあ、こんなことを書いても馬耳東風であろうが・・・。

しかし、それではいつまで経っても自分の力など付くことはなく、いずれアフィリエイトサイト運営そのものも放り出して、ページだけがネット上のゴミとなるのは目に見えている。




アフィリエイトは営業と同じ


アフィリエイトは営業と同じ


まったくの趣味や独自コンテンツを展開するサイトで、ついでにアフィリエイトをやるというのではなく、はなからアフィリエイトサイトを運営して小遣い稼ぎや副収入、あるいは本格的に本業として取り組もうとすると、そこには営業的センスが必要になってくる。

ちょうど、ユーザー様のお一人からメールをいただいて、その返信をしたこともあってその一部を取り上げてみよう。

> 特集の紹介ホテル・宿の出し方も、大変参考になりました。
> 特に柚子屋旅館はコメントを読んでいると泊まりたくなりますね。
> せっかくのセールスポイントを私は知らなかった訳です。恥ずかしいですね。
> サイトで紹介すると言う事は、それなりの覚悟で書かないとダメですね。
>
> <中略>
>
> ホテルの羅列では駄目だと言う事がよくわかりました。
>
> <中略>
>
> いままでアフェリエイトの感覚が間違っていたかもしれません。
> とりあえず、商品の羅列でもいいから「量」が必要だと・・
> 最近、プログラムで自動的に何万ページも作れますって、宣伝しているサイトも
> ありますが、プランがないと役に立たないサイトになってしまいますね。
>
>
> 実は私、長年営業をやっています。
> 客先で商品カタログだけ一杯出すやつは売れません。
> 相手のニーズにあった商品を絞込み、使ったときのメリットを丁寧に説明する人
> 間は良く売れています。当たり前の話ですね。アフェリエイトも一緒ですね。


この方は、ある地域に特定させた宿泊予約、旅行情報系ページを作成され、相談に来られたのだが、その回答に対しての返信である。

ここで、筆者がサンプルとして出したページが、

http://www.jttk.zaq.ne.jp/baaoi603/e_tabi/kyoto.html


であるが、これはせめてこの程度までのページを作るようにして欲しいという意味だ。このページ1枚で京都に関しての情報を探そうとする人に対して、概ねの情報が得られるようになっていることがおわかりになるだろう。

また、そこに売り込みに徹したという感覚もあまり受けないと思っている。

ネット上から情報を探そうと思う人にとって、ダイレクトに情報ページ(ECサイトもしくは関連サイト)に行けるよう案内をしているだけのことだ。

これがよくあるように、宿一覧だけを羅列したりしていると、訪問者はなにもわざわざそんなところに来なくても、ECサイトに行ったほうが早く情報をキャッチ出来る。

一覧などECサイトに行けばまた見せられるからだ。

つまり、そこには読者が必要とするであろう情報を出すということが極めて重要になる。そしてその視点を持つということになる。

とは言うものの、そうは簡単に行かないのがアフィリエイトサイトだが、意識付けを持って取り組めば誰にでも出来ることに違いないことも事実だ。

残念ながらそういう意識を持ったサイトが少ないということが、現在のアフィリエイトシーンであり、実際に収入を得ることが出来ないサイトが多いというのは仕方のないことといえる。


筆者のところの新商材や関連新サービスについても、ようやく形が整いいよいよこれからというところだが、ユーザー様がいくつか紹介をしてくださったサイトやページを連絡してくださったので紹介しておこう。

アフィリエイトサイト作成 時間コスト大圧縮

やっぱり、アフィリエイトが好き!

温泉アフィリエイトノウハウ





2006年03月16日

Webサポート業のぼやき


Webサポート業のぼやき


14日の午後から15日にかけて、前回の記事などで画像が表示されないという状態になった。これは筆者が借りていたサーバー業者が突然消えてしまい、サーバーが機能しないことによるものだが、このサーバーには、新しいサービスの関係のファイルを置いていたことから、その対応に追われることとなってしまった。

Webでの展開をしている以上、サーバーは命で、これがコケたらなにもかもがダメになる。急遽、新サーバー、新ドメイン、そしてファイル修正とてんてこ舞いになったが、サーバー業者選択の良い勉強になった。

さて今回、筆者のところでは、アフィリエイト初心者に向けて「ビギナー用 サイトオープンキット」というものと、人気はあるもののその作成に手間がかかる宿泊予約、旅行系サイトの作成の大きな力になる 「バーチャル旅行代理店開業ツールライト」の提供を開始した。こちらは、「宿泊情報リンク簡単作成ツール トラベルリンクサービス」とのベストマッチングとしてのコラボレート商品だが、いずれもユーザーには大変で便利で安価なものになったと思っている。

現状では本格アフィリエイト展開もしていないので、ほとんどが既ユーザー様の中で動くというところだが、キャリアの人は当然このようなものに関心を持たない。唯一「トラベルリンクサービス」とはどんなものか見てみようというところだろう。

問題は、やはりビギナーの人である。今回はテンプレート形式にしてとりあえずASPの登録をして、リンクコードをテンプレートに入れるだけでただちにミニサイトが出来るようにしてある。

これは土台となるページが満足に出来ないという人に向けて、土台部分は提供するので後は各自が展開されることを念頭においたものだ。

さらに、現在筆者自身が稼動中のWebページがほとんどそのままに出来るというテンプレートも一部には付加した。

これは実際に筆者自身が稼動させ、アクセスはもちろん、そこから成果を出しているページをテンプレートに変えたわけだから、成果につながりやすい。

かつて、「決定版!60日で成果の出せるWebページ作成講座」というe-bookでやったことと同じである。

いわばごっついサービスだ。このテンプレートについても、実は成果の出ているページをそのまま使えるという簡単な発想ではなく、そこからページの構造、リンクの付け方などを学んでもらおうという発想が根本にある。

さらには、ユーザー様に対しては通信という形で専用メルマガを出し、各種の情報も提供している。

にもかかわらず、やはり安易な人は多いもので、テンプレートはそのまま使い(当然!)アップするのは良いのだが、新たにページを追加しましたなどと連絡をもらえるのは良いが、そこにはせっかくの情報がなにも活かされていないことがほとんどという状況にもある。

「何考えとんねん!」「学習する気があるんか!」といったところだが、現実はそんなものだ。

「よく分からないのです・・・。でも実態はこんなものです。」・・・ようわからん?昨日今日始めたばかりというならともかく、1年も前からユーザー通信も読み、マニュアルも買って今更なにを言う!というところだが、こういう現実を見ると愕然とすることもある。

が、実際には多いケースで、中にはページ作成にすら取り組まない人もある。

簡単、便利と安易さだけを求めている限りいつまで経ってもあかんままだろう。そこにはアフィリエイトサイトで収入を得ようとするなら、学習する気がなければ絶対に前に進まない。

そんなユーザーが多い中で、やはり救いはその学習する気を持って、アフィリエイトに取り組む時間を精一杯活用しているユーザー様だ。

筆者のところでは、ユーザー様専用に特別に有料サポートというものを提供しているが、そんな中から、サポート開始前は1ヶ月になんとか5,000円程度を稼ぐのが精一杯という状態だったものが、6ヶ月間のサポートを経過して、月に3万平均の収入になられたというのは、やはりその頑張りの結果といえよう。

当然、筆者からはいろいろな指示が出るわけだが、それを一つ一つ消化されると、次はこれということになる。本人さん自身も独自で新たな情報を仕入れて頑張るという相乗効果も出てくる。

残りの6ヶ月でどこまで進めるかが楽しみになる。やはり成果という目に見えるものを手にしないと次に頑張ろうという意欲も出てこないだろう。

しかし、サイトを立ち上げたからといって、いきなりそんなことになるはずがない。そこには学習とそれを活かして進めていく実践が必要だ。

当たり前のことを当たり前にやれば誰でも成果を得ることが出来るというのがアフィリエイトだ。

アフィリエイト展開の中で、単に商材を紹介するというケースと、これなら勧めることが出来るとして紹介するケースがあるだろう。特に情報商材系の商材の場合は、サイトオーナーが気に入って勧めてもらえるというケースが一番説得力が出る。

そこには、文言の力というのが出てくるからだ。

先の新しい商材をさっそく取り上げて下さっているユーザー様もおられるのだが、残念ながら次のような紹介方法ではあかんだろう。

ビギナー用アフィリエイトキットでHPでアフィリエイト (ひでぼうのブログでアフィリエイト収入を)


なぜなら、そこにはサイトオーナー自身での言葉がないからである。




2006年03月13日

宿泊予約、旅行系サイトの強力サポートツール「トラベルリンクサービス」活用法


宿泊予約、旅行系サイトの強力サポートツール
「トラベルリンクサービス」活用法


アフィリエイトブームの中にあって、ネット上での人気サービスとして定番とも言うべき宿泊予約、旅行系情報を出すサイトも急増している。

しかし、今やかつてのように各サービスを実施している宿泊予約提供サイトにリンクを張るだけではなかなか成果に結びつかない状況にあることは間違いない。

そこで各アフィリエイトサイトとも、それぞれに工夫を凝らして訪問者に役立つ情報をだそうとしているのだが、正直なところこれは、丁寧なページを作ろうと思えば思うほど手間がかかり、その時間的コストに頭を悩ませているところも多いことだろう。

つい先日、そんな手間を大幅に減らすページ作成の大きな味方ともいうべき「トラベルリンクサービス」というサービスが開始された。

これは開発者自身が、宿泊予約系サイトを運営する中で、そのデータ処理に手間取ることを経験され、その中から常時更新される各ECサイトの最新情報を取り込み、Web上から提供したらどうか?という発想から立ち上げたものという。

ここでは実際にそのサービスを利用し、どの程度の手間が軽減されるのかレポートをしてみることとした。

ここでは、利用する宿泊予約サービスサイトを、「じゃらんnet」「一休.com」「JTB」「宿ぷらざ(日本旅行)」という大手サイトとし、ASPはバリューコマース社。リンクツールの基本はバリューコマース社の提供している「マイリンク機能」を使うことを前提としている。

実際のところ、各ECサイトの個別ページにリンクすることが出来る「マイリンク」という機能は、アフィリエイトサイトにとってありがたいツールであることには違いないが、特にこの宿泊予約、旅行系サイトにあってはそれでも大変に手間がかかる。

実際にシミュレーションをしてみよう。


アフィリエイトサイトとしてWebサイトから宿泊予約、旅行系の情報を出そうと考え、ここでは一般に人気のあるテーマとして温泉を取り上げ、その最初に兵庫県神戸市にある、「有馬温泉」に特化させた情報ページを作ろうとした。

バリューコマースには登録が終わっており、先の各ECサイトとの提携も終了しているという前提で始めてみよう。

まずそれぞれのECサイトのマイリンク用広告スペースを作り、それをコピーしておく。そして各ECサイトから出されている各宿泊施設へのリンク用データを用意(ダウンロードもしくはブックマーク)しておく。これはリンク作成にあたっていちいちバリューコマースのサイトにアクセスしなくても良いようにするためだ。

まず簡単にページレイアウトを作って、あとでリンクを入れ込めばよいようにとページレイアウトを先に作成する。

たたき台ページはここから



ここでは、有馬温泉のいくつかの旅館、ホテルにリンクを張って、さらに訪問者が複数のサイトから簡単に情報を探せるようとの目論見がある。このため、それぞれの宿泊施設に対応しているECサイトのリンクが必要になる。

■じゃらんnet
じゃらんnetで、個別宿にリンクを付けようと思えば、
<a Href="http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=******&pid=*********&vc_url=http://www.jalan.net/cgi-bin/jalan/jweb/cjw0_90_1.cgi%3Fyad_no%3D313952" target="_blank" >じゃらん<img Src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=******&pid=*********" height="1" width="1" Border="0">
のようなリンクコードになり、赤字の部分を各宿泊施設番号に変更していくことになる。

そこで、じゃらんnetから、温泉地用個別宿泊宿データをダウンロードしてみると、


のようにたしかにじゃらんnetが扱っている有馬温泉の各旅館データがわかる。


有馬温泉に関しては、ざっと24軒ほどのデータがあり、各宿名の左にある認識番号を上のリンクコードの赤字部分を入れ替えることになる。


■一休.com
ここも同様に宿番号を入れ替えるだけのことになるが、一休.comは高級旅館を対象にしていることから件数的には少ない。

<a Href="http://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=******&pid=*********&vc_url=http://www.ikyu.com/datas/00000956x.htm" target="_blank">一休.com<img Src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=******&pid=*********" height="1" width="1" Border="0">

のように赤字部分が宿番号になる。



の一休.comの提供している一覧表から同様に番号を差し替えることになる。

さすがに疲れてくる。

■JTB
次は、大手旅行代理店のJTBだが、JTBのデータでは、



のように2箇所の番号を入れ替える必要があり、これまた19件のコピペとはいえ手間がかかる。


さらに「宿ぷらざ」の作業もとなると、いかに良い情報ページを作ろうと思ってもさすがにイヤ気がさしてくる。


そこで、冒頭で紹介した「トラベルリンクサービス」を使ってみることとした。

まずサービスに申し込み、ぺージにログイン。



次に、地域別で検索を選び、



兵庫、そして有馬・六甲を選択する。



クリックすると、



のように当該地域の登録宿がランダムに表示されるので、
そこから自分が掲載したい宿のコードをコピー。



それを、HP作成ソフト、またはエディタに貼り付け、



プレビューさせると、



なんと、一気に各宿の画像と共に宿泊予約ECのコードが入ったリンクが生成されている。

はっきり言ってこれは便利!先ほどの手間は何だったのだ!という印象を受ける。すでに1宿泊施設ごとのテーブルが組まれているので、いちいちテーブルを組んで整形する必要もない。

たしかにこれなら作業が早くなるに違いない。

しかも、これが常時最新データに更新されたものを入手出来ることから、いちいち各ECでの最新データをチェックをする必要がないという優れもの!

コストパフォーマンスの高いツールとしてオススメ!

トラベルリンクサービスの料金は?

ベーシックプラン(基本データのみ)なら、半年で5,000円、1年で、9,500円

アドバンスプラン(関連情報付き)なら、東日本編、西日本編それぞれに半年3,500円、1年、6,500円、全国版なら半年で、7,000円、1年で13,000円となっている。

マイリンクの基本コードを取得しておくと、あとはASPのサイトに行くことなく作業を進めることが出来、最新情報をサイトから提供出来ることを考えると便利で安いものといえるだろう。


さらに便利な機能があるのだが、それは後述するとして、次に宿泊予約、旅行系サイトのサポートツールとして知られる「バーチャル旅行代理店開業ツール」のライトバージョンが提供開始になった。

これは、従来、先述のような個別リンクデータを一気に作成出来るExcelシートが付いていたものだが、それを外し、全国版47都道府県分のページテンプレート、温泉用、ビジネスホテル用のテンプレートが付属しており、さらにJTB、じゃらんnetの地域別リンク作成ツールが入っている。

そこで、この地域別リンク作成表を使用して、作成した宿紹介の下に入れてみることにする。



JTB用と、



じゃらんnet用のリンクコード作成表に、sid番号とpid番号を入れるとたちどころに全国地域別リンクが作成されるので、それぞれ、有馬地域の部分をコピーし、先のファイルに貼り付けると、



のようになり、これをプレビューさせると、



のようになる。このリンクによって、訪問者は掲載宿泊施設以外の情報もここから入手出来ることになるわけだ。

ページパターンも思うように出来ないという人にとっては、ページパターンのテンプレートがあれば簡単にページの作成が可能になる。このように、それぞれのツールを利用すると極めて短時間にサイトが出来上がる。

ここで、先に書いた、トラベルリンクサービスのもう一つの優れた点を紹介しておこう。これまた捨てがたいポイントの高いものであるが、

作成したページでは、宿名、住所、宿泊予約が可能なサイトのリンクまでは出来たものの、なにかもう一言、宿泊施設の簡単な紹介文が欲しいということもある。

このトラベルリンクサービスで、各地域ごとのデータをダウンロードすると、



のように、すべての宿泊施設(ホテル・旅館)の簡単なコメントが入っている。

これを利用して、関連リンクなどを入れてとりあえず完成させたページが、


有馬温泉ナビゲート


所要時間は、最初の情報収集の時間を入れても2時間あまりというところである。


さらにこのトラベルリンクサービスでは、新たな宿泊施設の追加があるとメールで通知が来る。


これなら、必ず次に別の温泉地紹介や、他の宿泊系コンテンツに手を出そうという気になる。

やはり道具は使いよう。使いこなすことによって短時間にページ作成が可能になり、より多くのページをWeb上に出すことが出来る。







2006年03月11日

初心者向け超便利サイトオープンキット提供開始


初心者向け超便利サイトオープンキット提供開始


昨年のブログブームに乗り、何度目かのアフィリエイトブームの様相を呈し、同時にそのブームにあやかって粗悪な情報商材も溢れることとなり、結果として情報商材そのものの信頼を失うような傾向もあることはいかがなものかと思う。

ブームだからといって、簡単に取り組めるのだろう、すぐに儲かるのだろうなどと考える人が多くなるのはある程度やむを得ない部分もある。

誰でもが「儲かる」系の情報には弱いものであり、分野は違っても不法投資などのいわゆる金融詐欺などの被害に遭われるケースが後を絶たない根本はそこにあるともいえる。

前回、週刊誌の記事を基にした記事を書いたが、雑誌にもネットでの儲け話が氾濫しているとあったが、たしかにその傾向はますます増長しているようにも思える。

しかも、概ねそういったものは高価と相場が決まっている。しょうもない商材でも3万円程度なら売れるだろう。たとえわずか100本でも売れれば300万円になる。

売る奴は儲かる仕組みになっている。買ってみたらスカスカの内容だったとかの話はいくらでも聞く。

私のところでは従来から堅苦しいことばかりを言っていることもあって、肝心の商材はさっぱり売れない(笑)が、今回、先の宿泊予約、旅行系サイトツールのライトバージョンの発売開始に合わせて、もう一つ、初心者向けの超お得サイトオープンキットというものを提供することにした。

従来、ユーザー専用ツールとして一般には出さなかったものだが、高額かつ内容がスカスカ、サポートもないというようなアホらしい商材を買われるなら絶対にお勧めする。

ビギナー用 サイトオープンキット

とにかく、まったくの初心者の方、あるいはとりあえずアフィリエイトを始めたものの、ページの作り方などがわからずさっぱり進まないというような方を対象にしたもので、

用意をするのは、サイトスペース(無料で十分)のみ、そこから所定のASP(最低「電脳卸」とビッダーズアフィリエイトプログラム)に登録をして、あとはキットにあるテンプレートにあるアフィリエイトコードを入れる場所に自分のコードを入れるだけで全部で5ページ、LinkShare(リンクシェア)(ここは要審査のため後の登録になる)を追加すれば7ページのサイトがたちまち出来るというものである。

もちろんすでにそれらのASPに登録している人なら、直ちにページが出来上がる。

ページデザインやページレイアウトを専門にしたテンプレートなどは多く販売されたり、ネットから無料で提供されたりしているようだが、このテンプレートはすでに中身が入っている。

つまり簡単にサイトが持てるということになる。

土台となるべき最低限度のサイトを提供するので、あとの展開はご自身で頑張ってくださいというものだ。


サンプルページは、

こころとからだの健康


初心者用に簡単に作ったものであるが、大手ASPの審査基準をクリアした内容にはなっている。このままの形でも成果が出てくるのは当然だ。

このサイトと同じもの(一部広告を除く)がたちまち農地に出来上がる。

しかし、本来の目的は、このサイトを土台にしてサイト展開をしてもらうための、最初のステップを提供しようというものだ。

価格は、3,000円!


ここまでコストパフォーマンスの高いものはないだろうと自負している。サイトアップまで1時間もかからないだろう。

作る時間の短縮はもちろんのこと、ページソースを見て勉強をすればいくらでも自分でページを増やすことも出来る。そしていくらでも関連付けてコンテンツを増やすことが出来るテーマ(健康)を選んである。その勉強をするのはユーザー様自身の責任だ。




2006年03月07日

宿泊予約・旅行情報サイト運営について


宿泊予約・旅行情報サイト運営について


私のところでは、昨年来、アフィリエイト展開において宿泊予約・旅行情報系サイトあるいはこのコンテンツについてを取り上げるよう勧めているが、その理由は比較的簡単に安定した収入が見込めるからである。

このブログでも、アフィリエイトで月に5万円儲ける方法についての記事の中で、パソコンと並んで宿泊予約・旅行系で概ね3万円を当面の目標としているが、実際に取り組んでみると、宿泊予約系では月額3万円は決して難しい数字ではない。

ただし、もちろんそこにはページ作り、情報の出し方にポイントがあることは言うまでもないが、ツボを外さなければ良いだけのことである。

2005年12月にリクルートから、じゃらん宿泊旅行調査2005(PDFファイル)という2004年4月から2005年3月までの1年間に出張、修学旅行などを除いて個人で旅行をしたかについての調査を行ったもののレポートが出されているが、大変に興味深い内容となっている。

ここで注目すべき点は、調査期間に旅行に行った延べ人数は1億7,097万人となっており、その約半数(49.2%)が50〜79歳であること、そしてパック旅行と個人で宿を手配する(旅行社に依頼した分も含む)ものとでは、実に87.5%が個人旅行とし、パック旅行は12.5%にとどまっているという点などだが、個人で宿の手配をする最大の理由は、そのほうが費用が安くすむということだろう。

実際、レポート上からはパック旅行と個人旅行では、総費用において1万6千円弱の差が生じている。

そして、この個人が手配するというところに、ネットでの宿泊予約ECサイトがどんどん増える要因となっていることを裏付けるものといえるだろう。

つまり、ニーズがあり大きなマーケットがそこにあるということになる。

訪問先人気を見ると、1位が東京、次に北海道、長野、静岡、神奈川、京都と続いているが、年代別に若干の差があるのは仕方のないが、ほとんど同じというのも面白い。

旅行目的については、
1位、美味しいものを食べる
2位、温泉や露天風呂
3位、宿でのんびり過ごす
4位、名所、旧跡の観光
5位、まちあるき、都市散策
6位、テーマパーク




と続くわけだが、全部でA4版7ページのこのレポート。興味のある方はぜひお読みになられたら良いだろう。

また、これはなにも宿泊予約や旅行系というサイトだけでなく、いろんなサイトにもヒントになるデータが隠れていると思う。

私のユーザーさんのサイトである、「まったり・癒し宿」や、総合的な情報を出している私の「全国ホテルガイド」がいかにツボにはまったサイトといえるかがお解かりになると思う。

さて、この宿泊予約・旅行情報系サイトにおいて、一番の問題は個別リンクの作成とそのデータ更新にいかに対応するかにあった。

個別リンク作成については、私のところで昨年4月に一休.com、じゃらんnet、JTB、宿ぷらざ(日本旅行)といった大手4ECサイトの個別宿リンクを一括で作成するツールを出し、ユーザー様にはおおいにご利用いただいたのだが、最大の難点は、頻繁に追加データの出るじゃらんnetのデータに対応することだった。

そこに今回、

宿泊情報リンク簡単作成ツール「トラベルリンクサービス」


という新サービスが開始された。とにかくこれは各ECの最新情報をインプットして常時データをWebから入手出来るという優れもので、おまけに必要とする地域や、たとえば駅周辺などといった検索からもデータを取ることが出来る。

費用は、ベーシックプラン(基本データのみ)なら、半年で5,000円、1年で、9,500円

アドバンスプラン(関連情報付き)なら、東日本編、西日本編それぞれに半年3,500円、1年、6,500円、全国版なら半年で、7,000円、1年で13,000円となってる。

常時最新データであること、マイリンクの基本コードを取得しておくと、あとはASPのサイトに行くことなく作業を進めることが出来、最新情報をサイトから提供出来ることを考えると、最大でも月額に直すと1,100円弱なのだから安いものといえるだろう。

しかし・・・データだけをいかに揃えても肝心のページ作りがダメだったら話にならない。そこで、私のところでは従来のツールを模様替えして安価で提供することとした。

これから、GW、夏の旅行シーズンを控えますますこの分野は活発に動くことになる。この分野に関心のある方はぜひご覧になって損はないだろう。

バーチャル旅行代理店開業ツールライト詳細はここから



2006年03月04日

雑誌記事に思うアフィリエイト


雑誌記事に思うアフィリエイト


週刊SPA!の3月7日号に、「ネットで楽して大儲け!の落とし穴」という記事があった。たまたま遠方に出かける時だったので、車内で読むのにいいか・・・と思ってついつい買ってしまった。

まあ、エンターテイメント系の雑誌なのでその中身はともかくとして、その中にアフィリエイトで50万円の赤字という記事があり、その経緯が書かれていた。

簡単に儲かるという話を鵜呑みにしてしまったとあり、アフィリエイトサイト運営にあたった8ヶ月間の収支や経緯が紹介されているのだが、結局、その8ヶ月間に40万弱の収入を得て、その間に使った経費が88万余ということで、ざっと50万円の赤字とあるわけだ。

その経費明細があったので、見てみると、広告12万3000円、有料サイト登録27万8000円、メルマガ有料紹介など12万5000円、サーバー代6万余、HP制作7万、バナー制作1万5000円、通信費19万円、資料書籍代2万3000円余となっていた。

なんでや!?


ここでの紹介例は、サラリーマンをやっていていわば副業としてアフィリエイトサイトをやろうとしたとある。株で損失を出したのでそれを埋めようと思ったともあるが動機はなんでもいい。

それより大きな間違いは、ネットビジネスというような言葉を勘違いしたんやろな。

アフィリエイトはもともとプロバイダ料金以外は無料(タダ)で始めることが出来るとして始まったものだ。アフィリエイトをしようがしまいが、インターネットをするからにはプロバイダー料金はかかるわけだから、ブロードバンドで定額性になれば、その意味ではそれも無料と言える。

また、アフィリエイトというのは、極めて細かい収入を積み重ねるものであって、一発でっかい収入などということはありえない。

まあ、アフィリエイトで年収ン百万とか、簡単に何十万が入るなどという情報に踊らされたのだろう。また、そのために各種の経費もかけないとあかんなどと思われたのかも知れない。

すべて間違いのもとや。

アフィリエイトで、1件何十円とか百円台、ええとこ1000円台のコミッションを積み重ねるのに、なんでそんな初期投資をするのか?

金をかける必要などどこにもない。要るのは時間というコストや。

有料サイト登録などしなくても、アクセスを集めることは出来る。まともなページを作れば良いだけだ。やがてはアクセスがあり、そしてそのページの作りが良ければ少数アクセスでも必ず成果が出る。

サーバー代なども必要ないだろう。プロバイダに無料スペースがなければ、FC2などの無料スペースだっていくらでもある。HP制作代て何や?HPは自分で作るもんや。バナーだって、Windowsに付いているペイントで十分出来る。

そう見ていくと、上記のほとんどは使う必要のなかったカネや。

つまり、ネットビジネスという言葉にまやかされ、ビジネスである以上、初期投資は必要などと思ってしまったからだろう。

先に書いたようにアフィリエイトは本来タダで始めるものであり、成果が出てきたら次に展開を考えるべきことや。

必要なのは、時間とそしてビジネスセンスということになる。ビジネスセンスというのは、着眼であり、表現であり、ページ構成。
そしてなによりページがどう作られるのかというHTML知識や。

形だけビジネスライクにしようなどというのは大きな間違いで、カッコをかまうものではない。きちんとしたページ作りで、役立つ情報を出していけば必ず成果は出る。その情報がたまたまアフィリエイトリンクになっているだけのことだ。

ちなみに、このSPA!に取り上げられている各記事は、当たり前の人間が当たり前の判断をしていたらなにもこんなことにならんかったという例ばかりである。

ネットもリアルも同じ。ネットが特別な世界と考えるからおかしなことになるわけで、利用しているのは人間だ。




広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。